融資する前に見ておきたいメリット&デメリット「ノンバンク編」

突然ですが「ノンバンク」という言葉を聞いたことはありますか?恐らく金融業関連以外の人ではあまり聞く機会がないであろう単語です。簡単に説明するとノンバンクとは「銀行及び信用金庫以外の金融機関、融資のみを行う金融機関」別の言葉を借りるならクレジットカードや消費者金融と言えばイメージしやすいかと思います。

そんなノンバンクのメリットは「銀行に比べて審査や手続きがスピーディー」。クレジットカードのキャッシング枠や消費者金融で融資を受けたい場合、
・安定した収入を確保している
・返済面で信用問題(過去に返済の遅れ、滞納等が無いか等)をクリアしている

この二つさえクリアしていれば借りる金額面にもよりますが1~3万円程度ならアルバイトは勿論、専門主婦(主夫)でも融資を受けれるチャンスは高くなります。事故歴さえ無ければ成人して収入を得ている人の大体は借りれる訳です。(無論返済は必要ですが)

しかしそんなノンバンクでもデメリットはあります。それは…
「金利が銀行に比べて高い」

全部が全部と言う訳ではありませんが基本的に銀行で融資するよりも金利(利息)は高いと思って下さい。その代わりに上記のメリットである早さを受けれるので時と場合で急いでる時以外は融資を受ける前に一度銀行とノンバンクで比較して検討したほうが安全です。

「銀行名が入ってるからと言って銀行じゃない」
一部のノンバンク系会社には有名銀行の名前が入っている、いわゆるグループ会社も存在します。その際気をつけて欲しいのは
「あくまで系列会社であり銀行ではないので預金は出来ない」
ここさえ気をつければ間違える事は無いでしょうが敢えてこの場で説明させて頂きました。

ノンバンクはこの様なメリットとデメリットがありますが一度知ってしまえば後は簡単です。それを上手く生かすか否かは使い手次第です、計画的なご利用をお願いします。

 

借金をするならば特集のサイトを読む

個別株などを保有したいと考える時には余裕に関する問題が浮上します。株による取引では、それなりにお金が求められる事は間違いありません。時には、かなり大きな金額になる事もあるでしょう。数多くの銘柄を保有する時などは、それなりにまとまった資金が必要です。それで余裕が無い時などは、借金が検討される事も多々ある訳です。実際それは妥当な手段とも言えます。

ところで借りる時などは、やはり知識が多いに越した事はありません。そもそも返済などのポイントは、誰もが気にする要素です。返済が滞ってしまいますと、色々ネガティブな事態になりかねません。それで借金を利用した人々は、既に大勢見られるのです。

それで人によっては、返す事に関するノウハウを掲載している場合があります。大抵それはどこかの情報サイトで掲載されていて、とても有用な知識を学べるケースも多いです。したがって個別株などを保有するならば、サイトや雑誌での金融情報特集http://キャッシング即日なび.xyz/即日融資/が組まれたなどを一読すると良いでしょう。